もっと投げ釣り釣行記3

主に広島市内で釣ってます。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏釣行記2.11 後編

2016-02-22
裏釣行記
石立さんが3時に迎えに来た。 釣り座の目の前まで来てくれたので助かった。

そしてオレ達が船に乗り込むと石立さんが「 ワ~カメ 好き 好き ? 」とオレ達に言ってきた。

オレ達全員がキョトンとしていると少しイライラしながら「 ワカメ 採る? 」と言い始めた。

オレは思った「 この中で何人ワカメが欲しいんだ? 」  「 そんなやつ いるのか? 」 

そして、ワカメに興味の無いみんなは聞こえないフリをしていた。

ワカメツアーにみんなが興味を示さないので、しびれを切らした石立さんがこんな事を言い始めた。

「 実は 違う釣り客を迎えに行かんといけんのよ。 で、時間が30分余ってるから ワカメで時間調整して・・・ 」

石立さんがダブルブッキングしていたのだ。

5分後カキ筏に船をつけた。

「 誰か採りに行って! 」石立さんが言った。

するとメンディ隊長が立ち上がり、スマホとタバコをポケットから取り出しイカダへ移って行った。

メンディ隊長の背中がこう語っていた 「 何してる? 早くお前も来い! 」

オレは心でこう言っていた 「 隊長 すいません。 自分の殺人リーボックだと一歩目でドボンさんなんです。 」

すると石立さんが 「 はい。 もう1人誰か行って。 」

オレは今の状況を冷静に判断していた 「 お嬢はレディ枠で免除だな。 レジェンドも船酔いで免除は当然だ。 残るは オレと家康の一騎打ちか・・・・ 」

再び石立さんが言ってきた 「 もう1人行って! 」

1秒が1時間に感じるほどジリジリした沈黙があった。

さしずめ関ケ原の戦いの再現だった。 お互い先に動いた方が負けと知っていた。

家康はびくとも動かなかった。 オレはこう思っていた 「 さすが家康よ。 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス  お主が動かぬのも百も承知よ。  しかしワシにも秘策がある。 」

オレは乗船前に石立さんと軽快なトークをしていたのだ。 みんなはおしゃべり好き2人がしゃべっていると思っただろうが内容はこうだった 。 「 石立さん いや 軍師石立殿 何かあった場合は我が軍に加勢に来て下され 」 「 あい、わかった。 」

オレは石立軍が動くのを今か今かと待っていた。 そしてその時が来た。

軍師石立がホラ貝を吹きこう言った 「 誰か 若い人 行って! 」

そう石立軍が我が軍に加勢したのだ。

オレは 「 聞いたか家康 石立殿が言っておるぞ。 ワ・カ・イ・ヒ・トとな  」と心で言っていた。

そう間違いなく家康はオレより若かった。

「 さあ、動け家康よ 動くのだ  あんよはじょーず  あんよはじょーず 」とオレは心で言っていた。

「 時間の問題だな 」 オレは勝利を確信していた。

すると予想だにしない事がおきた。

「 早く 元気な人行って! 」 と軍師石立が言ったんのだ。

若い人 から 元気な人 に変わったのだ。

元気な人になると間違いなくオレだった。

家康が駿河一国と引き換えに石立軍を寝返らせたのだった。

オレは思った 「 軍師石立を寝返らすのはあっぱれよ。 さすが戦上手の家康殿 ワシの負けじゃ。 潔く自害しよう。 」

オレがイカダに行く決心をした時 あの男が立ち上がった。

そうレジェンドだった。

船酔いでヘロヘロになりながらイカダへ渡って行った。

オレの頭の中は「 ダイブ2回目? 」

そして メンディ隊長とレジェンドが無事船に戻ってきた。

その後、メンディ隊長がオレに目を合わす事は無かった。

「  隊長 自分を殴って下さい。 」




スポンサーサイト

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © ハルタケ3 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。